Home

よくある質問ページ

オーダーベルトについて

メーカーの純正ベルトに気に入ったものが無いので、自分だけの革ベルトがほしい

約90種類の色素材の中から、お客様だけのオリジナルベルトを作成いただけます。
特殊な形状、移植が必要なものは、フルオーダーとしてご注文いただけます。

オーダーベルトを作ってみたいけど、どんなベルトになるかイメージできません

ベルトシミュレーターで、完成予想を見ながら選べるので安心です。
いろいろな組み合わせを試していただき、気に入ったものをお作りください。

時計のつけ幅に合うベルトがありません。

オーダーメイドベルトで、お好きな幅でお作りいただけます。(一部長さによって追加料金が発生いたします。)
また、ほしいサイズのものがない場合はお問い合わせよりご確認ください。

”お問い合わせ フォーム”

腕が太く(腕が細く)、市販ベルトが合いません

オーダーメイドベルトで、お好きな長さでお作りいただけます。(一部長さによって追加料金が発生いたします。)

切り込みが入っているベルトは作成できますか?

はい。可能です。システム上にはない為、フルオーダーでの承りになります。
下記のオーダーメイドお問い合わせフォームより「本システムでカスタマイズできないベルトについて」
をご選択いただき、本文にご注文内容をお書きください。

”お問い合わせ フォーム”

オーダーを作るのには、すごい時間がかかるイメージがあるのですが

1か月以上かかるところが多い中、石國商店では3週間で作成するシステムを開発しました。
製作は従来と変わらず一本一本丁寧に作りますので、お客様にご満足して頂けるベルトのご提供が可能です。

シミュレーターの色より濃い(淡い)ものが欲しい

商品の特性上、革の入荷時期などにより個体差があるため模様やお色味に関してはご希望に添えない場合がございます。
予めご了承ください。

時計ベルトについて

ヘリ返し仕立てとは何ですか?

「へり返し仕立て」とは、表の革を裏まで巻き込んでから裏材を貼る仕立て方となります。サイドの部分まで本革を使用しており、巻き込んだ革と裏材に段差が出ないように均一の厚さに革を漉くのは非常に高度な技術を要します。その分、正面や斜めから見た時に秀麗な美しさを醸し出し時計をさらに上品に見せます。
石國商店ブランドのクニスタインでは、ヘリ返し仕立てを採用しており非常に美しいベルトに仕上がっています。
”クニスタイン商品はこちら”

切り身仕立てとは何ですか?

「切り身仕立て」とは「へり返し仕立て」とは違い、主にヨーロッパで作られている手法となり、表革と裏革を貼り合わせて、コバ(縁周り)を塗った作りになります。サイドのテンションがかからない為、柔らかく作ることが出来、またステッチを掛けたものが多いので若干カジュアルな雰囲気となります。
石國商店ブランドのロコッテでは、切り身仕立てを採用しておりコバを塗る事を丹念に繰り返し、肌に当たる部分も滑らかに仕上げています。
”ロコッテ商品はこちら”

メーカーの純正ベルトじゃなくても取り付けられますか

お持ちの時計にあった時計幅(管幅)のベルトを、選んでいただければ純正品でなくても取り付け可能です。

純正の美錠(留め具)は使えますか?

お持ちのお時計の美錠(留め具)のサイズと同じものをお選びください。
市販で手に入りにくいサイズの場合は、オーダーベルト作成をお勧めいたします。

取り付け取り外しが簡単なベルトが欲しいのですが

ご購入の際に、フェルビン式ありをお選びいただくと、着脱が簡単なベルトをお求めいただけます。
コラムも併せてごらんください。”時計ベルトの交換は難しい?”

革ベルトの交換時期はどのくらいですか?

革ベルトの寿命は、使われる頻度にもよりますが大体1年ほどといわれています。

革ベルトの手入れはどうすればいいですか

着用後、または汗や水などで濡れてしまった場合は乾いた布等で軽くふいてください。
少し緩めに着けていただくことで、汗や摩擦を弱めることができます。

時計修理について

秒針が1秒ごとに動かずに2~5秒の間隔で、連続で動いてしまうのですが・・・

一般的にもうすぐ電池が切れますという合図ですので、電池交換をご依頼下さい。(光で充電する時計や振り子の運動で充電する特殊な時計でも、充電不足により同じような動き方をする時計もあります。)

電池のもちはどのくらいですか?

時計の種類や使用状態にもよりますが、概ね2~3年と一般的にいわれております。
内部の機械の調子が良くない場合や、クロノグラフのストップウォッチ機能を頻繁に動かした場合等は、1年程度で止まってしまう事もあります。

時計の内部が曇ってしまったのですが・・・

時計のケース内部に汗や水等が入ってしまった為、ガラスの内側に水滴や水蒸気がついている状態です。入ったままにしておくと、錆や不具合の原因となりますので、早く水分を取り除く必要があります。

防水時計を持っていますが、お風呂につけて入っても大丈夫ですか?

防水時計は気密性が保たれていますが、急激な温度変化や石鹸などの成分により、パッキンが傷み防水性が損なわれる可能性があります。また、防水性が保たれている状態でも急激な温度差により内部がくもる場合があります。温泉のお湯も成分によって同様の事が起こりますので、お風呂には時計をつけて入らないで下さい。

自動巻きの時計ですが、腕につけていてもすぐに止まってしまいます。

自動巻きの時計は、ローターという振り子が動く事によりゼンマイが巻かれる仕組みです。腕につけていても、デスクワークの様な仕事であまり腕を動かさないとゼンマイが上手く巻きあげられない事があります。また、油の劣化やパーツが摩耗すると、巻き上げ効率が悪くなりますので、定期的な分解掃除をおすすめします。

時計は動いていますが、定期的な分解掃除は必要ですか?

精密機械ですので、定期的な分解掃除が必要です。動いていても歯車をスムーズに回す油が乾いてしまっていたり、パーツの摩耗が進んでいる事があります。時計メーカー等は3年に一度の分解掃除をお勧めしています。

機械式の時計ですが、もの凄く進んでしまいます。

衝撃や磁気、油流れ等でひげぜんまいというパーツが絡み、もの凄く進んでしまう事があります。殆どの場合、分解掃除が必要になります。

カレンダーがきちんと表示されないのですが・・・

カレンダーを動かすパーツが壊れていたり、油が切れてしまっていると正しく表示されない事があります。分解掃除が必要になります。

リューズが引けないのですが・・・

内部パーツの油切れや、リューズが腐食しケースと固着していると、引けなくなる事があります。分解掃除と共に、修理や交換が必要になります。

家の近くに、時計を修理するところがありません

時計を郵送いただいてご修理するサービスをしております。
まずはLINEにてお見積もりをしていただき修理キットをお送りいたします。
詳しくはこちらのページをご覧ください。
”時計修理・LINE簡単見積もりはこちらから”